ソフトウェアの命名

|

Sai10 Sight: DateLinerがいよいよ?

それにしても、名称やアイコンは難しいですね。いや、それが得意という人から見れば"は?"って なもんでしょうけど、既存のものと似た名前になるとよろしくないし、ひねり過ぎで分からない名前も駄目だし。アイコンに至っては絵心が皆無なので...。他人が作ったものを加工するのは得意なんですけどね。

ソフトの命名、本当に難しいですよね。その一言で、どんなアプリケーションなのかを示さなければいけないし、かといって、説明文みたいになるとカッコ悪いし。

いつも気にしているのは下記の点。

  • アプリケーションの内容が(なんとなく)わかること。
  • 2つの単語の組み合わせで、スラっと発音できること。
  • Google であまり引っかからないこと。

「DateLiner」は、「予定表」と「一次元のリスト表示」という意味で名づけました。

「2つの単語の組み合わせ」というのは、もともと、ソフトを Wiki で公開していて、WikiName にするとなにかと便利だったからというのがあります。

「Google で引っかからない」と言うのは、ソフト名を Google で検索したときにトップに出てきたほうが、探す人にとって見つけやすいため。

DateLiner」は、思ったより日本語のページが無かったので、「DateLiner」で確定しました。

アイコンはどうしよう...

RSS