「考える脳考えるコンピューター」を読んで

| , ,

ASIN:4270000600:image

読み終えた。

中盤、新皮質の仕組みのところでちょっとつらかったけど、全体的に楽しく読めた。脳について軽く勉強したい人にはいい入門書だと思う。ただ、もうちょっと図説を多用してくれても良かったかな。

五感からの入力を、新皮質の上位に抽象化して渡すのだが、その、抽象化の方法がいまいち不明。ここが、コンピュータ化するときの肝になると思うのだが...。今の技術であってもコンピュータが苦手なのは、物事の抽象化だと思うので、その辺を詳しく説明してほしかった。もしかして企業秘密?

応用例で翻訳機とかあったけど、そのエキスパートになるためには、言語の学習だけでなく、現実世界の学習や人とのコミュニケーションの学習など、幅広く学習が必要で、ハードが出来上がっても、学習に何年もかかってしまうのかぁとも思った。もちろん、いったん作り上げれば複製は可能だと思うが...

さて、次は「iCon」かな。

RSS